確定拠出年金とは?個人型と企業型の違いは何?

2018.07.15

違い

確定拠出年金とはどのようなものなのでしょうか?

個人型と企業型の違いにはどのようなものがあるのでしょうか?

確定拠出年金に加入することは老後の資産のためにとても有効な方法ですが、大きな節税対策にもなっています。

勤め先の企業が加入しているから関係ないと思わずに、制度を確認してみましょう。

確定拠出年金ってそもそも何?

概要
確定拠出年金の基本についてまずは知りましょう。

確定拠出年金の概要

確定拠出年金は企業、あるいは個人が毎月お金を積み立てて運用をし、60歳以降に年金や退職金、一時金として受け取れる制度です。

運用方法を選択できるので、運用方法によっては豊かな老後が待っているかもしれません。

また、従来の企業年金制度とは違って、転職先でも確定拠出年金制度があるのならば転職した後もそのまま運用を引き継ぐことが出来ます。

確定拠出年金のメリット

確定拠出年金に加入することで得られるメリットは主に5つあります。

・掛け金は全額所得控除になります
確定拠出年金の掛け金は全額が所得控除になります。
掛け金には上限がありますが、掛けた分だけ所得の控除額が大きくなり、所得税と住民税を節税できます。

・運用益が非課税です
投資して運用して利益が出た場合、通常20.315%の税金が発生しますが、確定拠出年金は非課税です。
確定拠出年金は運用期間が長く、累積金額が大きいので節税効果はとても大きいです。

・年金を受給するときにも控除が受けられます
60歳以上になり、年金や退職金、一時金などを受け取る時、公的年金等控除、退職所得控除などを受けることができます。

・自分で運用できる
確定拠出年金は自分で金融商品を選択して運用をすることが出来ます。
企業型確定拠出年金の場合は会社が選んだものの中から選択をしますが、個人型確定拠出年金の場合は完全に自由に選択ができます。
手数料もかなり安いです。

・自己破産をしても受給できます
確定拠出年金は差押禁止財産です。
もしも、自己破産をしてしまったとしても、確定拠出年金は没収対象にはなりません。

確定拠出年金のデメリット

確定拠出年金にはデメリットも2つあります。

・60歳まで受け取ることが出来ない
確定拠出年金は貯金ではないので、1度スタートしたら60歳まで現金化することは不可能です。
途中解約は認められません。
年に1度、掛け金の見直しができるだけです。
なんらかの理由で現金が必要になったからといって、定期預金を解約するようにはいきません。

・損をすることもある
確定拠出年金はあくまで投資です。
時には元本割れをすることもあります。
商品選びは慎重に行うようにしましょう。

企業型の確定拠出年金と個人型の確定拠出年金

年金
確定拠出年金は大きく分けて2種類あります。それが企業型と個人型です。

個人型はiDeCo、イデコなどと呼ばれています。

企業型の確定拠出年金に加入している場合には必ずしも個人型の確定拠出年金に加入する必要はありません。

企業型と個人型の違い

企業型と個人型の違いは主に6つあります。

・加入について
企業型の場合は企業によって強制加入の場合もありますし、加入するかを選べる場合もあります。
また、確定拠出年金制度を取り入れていない企業もあります。
個人型の場合は自分の意思で加入をします。

・掛金について
企業型の場合は企業が負担をします。
しかし、従業員が望めば掛け金の上乗せが可能なこともあります。
個人型の場合は完全に自己負担になります。

・納付方法について
企業型の場合は企業が納付をします。
掛け金を上乗せしている場合は給与からの天引きになります。
個人型の場合は自分で口座振替を行います。
企業によっては給料からの天引きが可能なこともあります。

・金融機関の選択について
企業型の場合は会社が選択をします。
個人型の場合は自分で選びます。
手数料や運用商品、使い勝手などで決めましょう。

・運用商品について
企業型の場合は企業がいくつか選択肢を用意してくれるのでその中から決めます。
個人型の場合は自分が契約をする金融機関にある商品から選びます。
個人型の方が自由度は高いです。

・口座管理料
企業型の場合は企業が負担することが多いです。
個人型の場合は自分が負担をします。

サラリーマンが個人型確定拠出年金に加入した方がいい場合

年金02
確定拠出年金は節税効果が大きいですが、誰もが個人型に加入した方がいいわけではありません。

また個人型の確定拠出年金に加入した場合は必ず年末調整で控除を受ける手続きを行うようにしましょう。

勤め先が加入をしていない場合

勤め先の企業が企業型の確定拠出年金に加入していない場合は個人型の確定拠出年金に加入することで大幅な所得控除を受けると同時に老後の資産を築くことが出来ます。

企業がマッチング拠出を採用していない場合

マッチング拠出とは企業型と個人型を併用しているという意味です。

マッチング拠出を選択している企業に勤めているのならば個人型枠で確定拠出年金の運用を行いましょう。

そもそも併用はできません。

マッチング拠出を採用していない企業の場合は個人型確定拠出年金に加入することで所得控除に繋がります。

確定拠出年金は今と老後にお得をもたらします

老後
確定拠出年金は自分で運用をする老後の資金です。

企業型と個人型があります。個人型の方が自由度は高いですが、やや面倒であったり負担が大きかったりします。

確定拠出年金はとても節税効果が高いのでサラリーマンの節税方法としてとてもおすすめです。